老化防止

スポーツをする人にもローヤルゼリー

普段の歩行や運動には脂質と糖質がエネルギー源として必要ですが、普段以上に体力を消耗させる運動をした場合には、筋肉中のタンパク質を分解してエネルギー源に利用することになります。

スポーツをした時の代謝を簡単に説明します。
先ず最初に行われるのが解糖系代謝ですが、無酸素運動で代謝が行われ、直にエネルギーとして使えるのです。
この時の副代謝産物は乳酸ですが、運動を持続させるためには、この乳酸を利用して酸化系代謝をする必要があります。
つまり有酸素運動で代謝をし、最終的な副産物として二酸化炭素と水に変わるのです。
乳酸が蓄積するのは、解糖系代謝と酸化系代謝の速度差によって起こります。
これらは、筋肉が糖質などを代謝することによりエネルギーとしているのですが、筋肉にも糖質及び脂質が存在しますから、エネルギー源が枯渇すれば筋肉のタンパク質を分解してエネルギーにするのです。

ローヤルゼリーに含まれるアミノ酸であるイソロイシン、バリン、ロイシンは、筋肉で代謝される分岐鎖アミノ酸ですから、筋肉を作ったり疲労を抑えますので、運動中の筋肉消耗の低減を図ることができます。
また、ローヤルゼリーには直にエネルギー変換できる糖質も含まれていますので、ローヤルゼリーの飲用や経口摂食は理にかなっていると考えられるのです。